2013年05月25日

品詞:総括

35DSCN4693.jpg

これまで、
  freshly baked pies
の訳文として揚げられた「新鮮な焼きパイ」の文法的な問題点について、お話して参りました。
そして、
  「新鮮な焼きパイ」
をみてみますと、
  「新鮮な」は「焼きパイ」を修飾しています。
また、
  freshly baked pies
は、
  pies that have been baked freshly
より、生じたものと考えることができ、
そして、
  pies that have been baked freshly
の、that は関係代名詞主格、are baked は受動態、そして、baked は受動態分詞(形容詞)です。
また、freshly は副詞でbaked を修飾し、that are baked freshly は形容詞節として pies を修飾しております。
ですので、
  pies that have been baked freshly
を、正確に和訳すれば、
  「新鮮に焼かれたパイ」
と、なります。
また、
  freshly baked pies
の、freshly はbaked を修飾し、baked は pies を修飾しております。
ですから、
  freshly baked pies
の、正しい和訳は、
  「新鮮な焼きパイ」
ではなくて、
  「新鮮に焼かれたパイ」
で、あることが分かります。
同様に、
  newly developed products
に、就いては、
  newly developed products
       ↓
  products that have been newly developed
       ↓
  newly developed products
と、考えることができ、
此処では、副詞 newly が形容詞(受動態分子)developed を修飾し、形容詞developed が 名詞productsを修飾しております。
そして、
  newly developed products
の正確な訳文は、
  「新期開発製品」
ではなくて、
  「新たに開発された製品」
と、なります。
大切なことは、
  freshly baked pies
と、
  newly developed products
とは、同一の文法構造を持っているということです。
一見、
  freshly baked pies
を、
  「新鮮な焼きパイ」
と和訳することには、何ら問題がないように思われかもしれません。
しかし、このような母語干渉こそが、英語の理解を妨げる原因であり、そして、そのような理解なく、徒に、英文契約文書・特許クレイム等を作成することは、当に「生兵法は怪我の元」以上に危険な行為と言わざるを得ません。基本的英文法の理解こそ、ビジネス英語習得の鍵・早道と云えます。
 英語を核とするグローバル化とAIによる省力(人)化が職場を席巻する今、BEWAで学べば時代を活き抜く英語力が身に就きます。BEWAでAI社会を活き抜く英語力を!!




最後までお読みいただきありがとうございます。
ビジネス英語ライティングアカデミーにてビジネス英語をご教授しております。
もし興味をお持ちいただけましたら、是非ホームページをごらんください。
資料のご請求や無料での教室見学を承っております。
posted by yukiohayashi at 00:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 板書シリーズ

2013年05月24日

品詞:No.6

今回は、
  newly developed products
についてお話致します。
先ず、
  newly developed products 
については、
  newly developed products
     ↓
  products that have been newly developed
     ↓
  newly developed products
と、考えることができます。
即ち、副詞 newly が、形容詞(受動態分子)developed を修飾し、形容詞developed は 名詞productsを修飾しております。
そして、
  newly developed products
の正確な訳文は、「新期開発製品」ではなくて、「新たに開発された製品」です。
此処で、大切なことは、
  freshly baked pies
     ↓
  Baked pies that have been baked freshly
     ↓
  freshly baked pies
と、
  newly developed products
     ↓
  products that have been newly developed
     ↓
  newly developed products
とは、文法構造が同一であると云うことです。
ですから、
  freshly baked pies
の文法構造が???であれば、
  newly developed products
の文法構造も、当然???と云わねばなりません。
  訳も分からず英文?を創り送信することは極めて危険な行為であるのみならず、そのような、単に英語を遣り過ごす?日々の積み重ねには、累積的な進歩は凡そ期待できないでしょう。論理の根底に流れる基本的な文法理解こそ、ライティング・ビジネス英語修得の鍵・近道と云えるでしょう。当に「急がば基礎文法」と云えます。

  BEWAでビジネス英語をキッチリ学びましょう。BEWAで学べば、みえないものがみえるようになります。ツマラナカッタ英語学習が楽しいものとなります。そして、職場で無理なく英語を正確に使えるようになります。講座見学一回無料。BEWAはご見学の際に契約を迫る、或いは、ご見学の後、執拗に勧誘する等の行為はBEWAの方針として一切行いません

最後までお読みいただきありがとうございます。
ビジネス英語ライティングアカデミーにてビジネス英語をご教授しております。
もし興味をお持ちいただけましたら、是非ホームページをごらんください。
資料のご請求や無料での教室見学を承っております。
posted by yukiohayashi at 07:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 板書シリーズ

2013年05月23日

品詞:No.5

前回、
  freshly baked pies
を、
  freshly baked pies
     ↓
  Baked pies that have been baked freshly
     ↓
  freshly baked pies
と、考へ、
  pies that have been baked freshly
に就いて語れば、that は関係代名詞主格、have been baked は受動態、そして、baked は受動態分詞(形容詞)となり、またfreshly は副詞でbaked を修飾し、that have been baked freshly は形容詞節として pies を修飾していることをお話いたしました。
そして、
  freshly baked pies
を、和訳すれば、
  「新鮮に焼かれたパイ」
であり、
  freshly baked pies
の、副詞freshly は、形容詞(受動態分子)baked を修飾し、形容詞baked は 名詞pies を修飾しておりますから、
  freshly baked pies
の、正確な和訳は、
  「新鮮な焼きパイ」
ではなくて、
  「新鮮に焼かれたパイ」
です。「新鮮な焼きパイ」なる和訳(言葉遣いは)は、文法的に大いなる「誤り」です。そして、このような一見「どうでも良さそうにみえる」事象に就いての深い理解が、英文契約文書等、角の角を削るようなビジネス英文の起草、それらを通してのビジネス交渉の場に在って強く求められることとなります。母語により構成された脳は、英文契約書・特許クレイム等の策定に当たっても、当然にして、母語(日本語)により精緻に組み上げられた法律知識・技術情報等を参照しつつ、英文の起草を司ることとなります。其処には、母語(日本語)による、英文に対する強い干渉が在って然るべきでしょう。特に、英文契約書、英文特許クレイム等、ギリギリの権利義務関係を表象する英文を起草・発話する場合、母語干渉を防ぐ意味に於いても英文法知識が必須であることは申し上げるまでもなく、また、決定的な局面に於けるビジネス交渉に於いては、文法の不知・不理解から生じる誤解・曲解は致命的な結果を招きかねません
  freshly baked pies
の、誤訳;
  「新鮮な焼きパイ」
は、日常的事象に関するごく一般的母語干渉の一例と云えるでしょう。
さて、次回は newly developed products について考えたいと思います。

  BEWAでビジネス英語をキッチリ学びましょう。BEWAで学べば、みえないものがみえるようになります。ツマラナカッタ英語学習が楽しいものとなります。そして、職場で無理なく英語を正確に使えるようになります。講座見学一回無料。BEWAはご見学の際に契約を迫る、或いは、ご見学の後、執拗に勧誘する等の行為はBEWAの方針として一切行いません。

最後までお読みいただきありがとうございます。
ビジネス英語ライティングアカデミーにてビジネス英語をご教授しております。
もし興味をお持ちいただけましたら、是非ホームページをごらんください。
資料のご請求や無料での教室見学を承っております。
posted by yukiohayashi at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 板書シリーズ