2014年02月26日

英語の基礎の基礎No.7: 否定文

是まで本シリーズで取り上げた英文は:
 第1文型 (SV)の例
  7)The plane arrived at the airport.
 第2文型 (SVC)の例
  9)The hotel is huge. 
 第3文型(SVO)の例
 10)The company bought a hotel.
 第4文型の例(SVOO) の形
  6)The company sent us an invoice.
 第5文型の例(SVOC) の形
  5)The company named the hotel “Moon River”.
となります。
これら英文を、其々、否定文に致しますと:
 第1文型 (SVC)の例
  11)The plane did not arrive at the airport.
  此処では、主語が三人称単数であるためdoes の過去形 did が助動詞として、用いられ did not arrive at the airport となっております。この様に、英語では直接動詞を否定せず、助動詞を否定することによって否定の意味を表します。三人称単数現在形であれば does を用い、其の否定形はdoes not となります。一人称 ( I )、二人称 ( You )、三人称複数 (They他) であれば、do 或いは did を用いることとなります。
 第2文型 (SVC)の例
  12)The hotel is not huge. 
  此処では、be 動詞 is が否定され、is not huge と表されております。一人称 ( I )であれば am 或いは was、二人称 ( You ) であれば are 或いは were、三人称複数 (They 他) であれば、are 或いは were となります。
 第3文型(SVO)の例
  13)The company did not buy a hotel.
  三人称単数過去であるため、did not と表されております。 
 第4文型(SVOO)の例
  14)The company did not send us an invoice.
  三人称単数過去であるため、did not と表されております。 
 第5文型(SVOC)の例
  15)The company did not name the hotel “Moon River”.
  となり、此処では三人称単数過去であるため、did not と表されております。 
どの文章でも、否定文の中で arrive not のように、動詞を直接否定することはなく、動詞であれば、do not (過去形did not) 或いは does not (過去形did not) のように助動詞を用いて否定することとなります。このように用いられる助動詞には、動詞としても用いられる do 或いは have の他、shall, should, will, would, can, could, must, may, might 等御座います。詳しくは辞書等ご参照ください。
  また、be 動詞であれば、is not (過去形was not)、或いはam not(過去形was not)、或いはare not(過去形 were not)と直接 be 動詞を否定することとなります。
此処で大切なことは、
 16)The plane does not arrive at the airport.
 11)The plane did not arrive at the airport.
 17)The plane will not arrive at the airport.
 18)The plane would not arrive at the airport.
 19)The plane shall not arrive at the airport.
 20)The plane should not arrive at the airport.
 21)The plane can not arrive at the airport.
 22)The plane could not arrive at the airport.
 23)The plane must not arrive at the airport.
 24)The plane may not arrive at the airport.
 25)The plane might not arrive at the airport.
と、したときも、助動詞の後ろの動詞は常に、原形(この場合はarrive)であることです。助動詞の後ろの動詞は常に原形に留まります。お忘れなく。英語では、助動詞を否定することによって、否定の意味が表されること、更に、助動詞の後ろには動詞の原形が続くことを理解しておきましょう。即ち、did not arrived ではなくて、did not arrive ( arrive は arrive の原形) です。これは非常に大切なことです。
          BEWAは英語の学習を通して社会人の夢を実現する学校です  
  BEWAで学べば、みえないものがみえるようになります。ツマラナカッタ英語学習が楽しいものとなります。そして、職場で無理なく英語を正確に使えるようになります。講座見学一回無料。
  BEWAは、御見学の際に契約を迫る、或いは、御見学の後に執拗に勧誘し続ける等の行為は、BEWA の運営方針として一切行いません。   




最後までお読みいただきありがとうございます。
ビジネス英語ライティングアカデミーにてビジネス英語をご教授しております。
もし興味をお持ちいただけましたら、是非ホームページをごらんください。
資料のご請求や無料での教室見学を承っております。
posted by yukiohayashi at 12:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎英語

2014年02月19日

英語の基礎の基礎No.6: SV + 副詞句

  前回ブログに記載しましたほうに、第1文型 (S + V) については、S + V + 副詞句の形にてお話致し)ます。例えば:
 7)The plane arrived at the airport.
   飛行機が空港に着いた。
は、
 8)The plane reached the airport.
と、
書き換えることが可能です。   
文型を見ますと、
 7)The plane  arrived  at the airport.
     S     Vi(自動詞)   副詞句 
 8)The plane  reached  the airport.
     S     Vt(他動詞)  O(目的語)
と、なります。
 7)The plane arrived at the airport.
では、arrived の後ろが at the airport と、前置詞 at を伴います。
即ち、自動詞 arrived はそれ自体で機能し、後ろに副詞句を伴っています。「着きました、空港に」なのです。
一方、
 8)The plane reached the airport.
では、reached の後ろに直接 the airport と(直接)目的語が続き「空港に着きました」となります。
このように、本来的に、後ろに直接目的語が続く動詞を他動詞と言います。
自動詞と他動詞の間でこのような関係を持つ単語の例として:
  arrive at と reach, look at と watch と, speak to と tell
等が挙げられます。
そして、  
 7)The plane arrived at the airport.
  飛行機が空港に着いた。
は、第1文型(SV文型)となります。
これにて5文型の一応の説明を行いました。
ここで本ブログにて取り上げた英文を文型毎に並べますと:
第1文型 (SV) の例
 7)The plane arrived at the airport.
前の英文が第3文型 (SVO)、後ろの英文が第2文型 (SVC)の例。
 2)The company bought a hotel, and the hotel is huge.
第4文型(SVOO)の例
 6)The company sent us an invoice.
第5文型(SVOC)の例
 5)The company named the hotel “Moon River”.
となります。
          BEWAは英語の学習を通して社会人の夢を実現する学校です  
  BEWAで学べば、みえないものがみえるようになります。ツマラナカッタ英語学習が楽しいものとなります。そして、職場で無理なく英語を正確に使えるようになります。講座見学一回無料。
  BEWAは、御見学の際に契約を迫る、或いは、御見学の後に執拗に勧誘し続ける等の行為は、BEWA の運営方針として一切行いません。   

最後までお読みいただきありがとうございます。
ビジネス英語ライティングアカデミーにてビジネス英語をご教授しております。
もし興味をお持ちいただけましたら、是非ホームページをごらんください。
資料のご請求や無料での教室見学を承っております。
posted by yukiohayashi at 15:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎英語

2014年02月13日

英語の基礎の基礎No.5: SVOO文型

さて、これまで:
1)The company bought a hotel.
  SVO文型(第1文型) 
2)The company bought a hotel, and the hotel is huge.
  SVO文型 (第3文型)+ SVC文型(第2文型)
5)The company named the hotel “Moon River”.
  SVOC文型(第5文型)
についてお話して参りました。
此処までお話して、第4文型についてお話しないのは宜しく御座いません。今日は第4文型にについてお話しようと思います。
  先ず、第4文型を作る動詞を授与動詞と云い、代表的なものに send があります。
例えば、
6)The company sent us an invoice.
  同社は当社にインボイスを送付した。
を、考えますと、
6)The company  sent   us   an invoice.
      S        V    O2      O1
と、目的語が二つあります。
此処で大切なのは、us は第二目的語(間接目的語)、an invoice が第一目的語(直接目的語)であることです。
ごく簡単に云えば、
 当社 (us) を送付したのではなく、インボイス(an invoice)を送付したのです。
 当社に(間接目的語)インボイスを(直接目的語)を送付したのです。
send のように、目的語を二つ取る動詞を授与動詞と云い、授与動詞にはsendの他、give, lend, bring, fetch, take, leave, pay, tell, show, teach, make, buy, ask 等があります。用例等については辞書をご覧ください。
 特にビジネス英語の分野で重要な授与動詞としては、sendの他に, offer, quote 等がありますが、これ等に就いては、更に「基礎ビジネス英語」或いは他のブログでお話するかもしれません。是までに、第2、第3、第4、第5と、第1文型以外の文型の基礎の基礎についてお話いたしました。第1文型 (S + V) については、S + V + 副詞句の形で次回ブログにてお話しようと思います。
         BEWAは英語の学習を通して社会人の夢を実現する学校です  
  BEWAで学べば、みえないものがみえるようになります。ツマラナカッタ英語学習が楽しいものとなります。そして、職場で無理なく英語を正確に使えるようになります。講座見学一回無料。
  BEWAは、御見学の際に契約を迫る、或いは、御見学の後に執拗に勧誘し続ける等の行為は、BEWA の運営方針として一切行いません。   


最後までお読みいただきありがとうございます。
ビジネス英語ライティングアカデミーにてビジネス英語をご教授しております。
もし興味をお持ちいただけましたら、是非ホームページをごらんください。
資料のご請求や無料での教室見学を承っております。
posted by yukiohayashi at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 基礎英語